牛久大仏 場所。 牛久大仏の営業時間、住所、東京からのアクセスと駐車場について

牛久大仏

牛久大仏 場所

世界一の牛久大仏の概要 世界最大と書いていますが、実は地上高世界最大の人型建造物は、ミャンマーモンユア郊外のレイチュン・セッチャー大仏で、全高約129. 5m(像高約116m、台座13. 5m)の釈迦立像です。 牛久大仏は120m(像高100m、台座20m)とレイチュン・セッチャー大仏には及びませんが、牛久大仏はギネス登録あり、レイチュン・セッチャー大仏はギネス未登録なので、世界最大をうたっています。 尚、台座を含めた地上高世界最大の人型建造物は、全高約208m、像高約106mの中国の魯山大仏です。 牛久大仏の場所 牛久大仏は牛久浄苑という首都圏最大級の公園墓地(約36万平米)の中にあります。 すぐ近くに圏央道が走っていますので、圏央道を走っていても牛久大仏を確認することができます。 さすがに運転中は写真が撮れませんが、牛久阿見インターチェンジを降りたところでも、抜群の存在感で牛久大仏を拝むことができました 牛久大仏の駐車場 牛久浄苑内に駐車無料の820台の駐車場があります。 日本三大大佛って? 世界最大の仏像と言われるので、牛久大仏も日本三大大佛にも入っているのでは?と思われるかも知れません。 残念ながら日本3大大仏には含まれていないんですね。 日本3大大仏• 奈良の大仏(東大寺)• 鎌倉の大仏(高徳院)• 高岡大仏、岐阜大仏、兵庫大仏など というよりも、日本3大大仏の3つ目の席は、以前あった京都大仏が消失してから空席となっています。 牛久大仏の御朱印 牛久大仏は浄土真宗系の寺院です。 普通は浄土真宗系のお寺では御朱印をいただけないんですが、牛久大仏では御朱印を拝受することができます。 御朱印の授与所は、牛久浄苑の入り口か牛久大仏の中の授与所です。 御朱印帳がちょっと手元になく仮画像で失礼しますが「光雲無碍」という御朱印をいただくことができます(ご朱印画像を用意できしだい差し替えます)。 また、牛久大仏は「光雲無碍」を含む4種類(6種類?)の御朱印をいただけますが、一日一種類のみ。 つまり4~6回参拝しないと複数の御朱印をいただけません。 注:牛久大仏内と入り口の2か所の授与所でも、どちらかで御朱印をいただけば2つ目はいただけません。 牛久大仏の御朱印の種類• 「光雲無碍」• 「慈光」• 「無碍光」• 「南無阿弥陀佛」• 「歓喜光」• 「清浄光」 尚、5と6の御朱印はいただけるという情報はネット情報で確認しましたが、実際の御朱印画像は確認していません。 本当にいただけるのかな? また、一日一種類と書きましたが、1日で4種類(1~4まで)の御朱印を拝受しているブログも確認できました。 授与所にいらっしゃる人によって対応が違うのかな?私のときは2つめは別の日にしてくださいと言われました。 牛久大仏の御朱印帳 牛久大仏のオリジナル御朱印のほか、モミジなどの御朱印帳もいただくことができます。 牛久大仏に参拝してきました。 2016年秋のことになりますが、牛久大仏に参拝してきました。 知り合いからおススメと言われること約1年。 やっと行けたんですが、おススメの意味がよく分かりました。 笑っちゃうぐらいの大きさ、存在感。 ちょっと新興宗教の匂いを漂わせるような雰囲気、全てが楽しい参拝でした。 牛久浄苑に入らなくても存在感抜群! 牛久大仏は牛久浄苑内に建立された立像ですが、牛久浄苑に入らなくても存在感が抜群なんです。 牛久浄苑に近づくにつれて、どんどん大きくなってきて笑えてきます。 ほんと、でかい。 牛久市民の方々には日常の風景なんでしょうか。 他地域から来ると違和感しかないこの光景。 牛久浄苑に到着。 大仏のモニュメントなどがあります。 こちらは実物大の螺髪(らほつ)。 直径1m、重さは何と200kg。 これが頭に480個も付いています。 ここで牛久阿弥陀如来さまの概要を付記しておきたいと思います。 牛久阿弥陀大仏の概要 地上高(高さ) 120m 重量(本体主鉄骨) 3,000トン 重量(外被銅板重量) 1,000トン 左手 長さ 18. 0m 親指 直径 1. 7m 足の爪 長さ 1. 0m 人差し指 長さ 7. 0m 目 長さ 2. 5m 鼻 高さ 1. 2m 口 長さ 4. 0m 耳 長さ 10. 0m 顔の大きさ 20. 0m 製造期間 10年 作るのに何と10年もかかっていたんですね。 スカイツリーでも約3年半の工事期間だったので、どれだけ大がかりの工事(?)だったか分かりますね。 工事って言って良いのかしらん。 山門(?)も現代的。 何と鏡張りです。 やっと牛久大仏さまと正面からご対面です。 さて、色んな角度から牛久大仏を拝んでみましょう。 まずはらべんたーと 次にコスモスと。 ぐっと寄って下から見上げてみます。 なんだか神々しいですね。 何枚撮っても撮り飽きない被写体です。 この牛久大仏は中に入ることができるんですが、胸元が展望台(地上高85m)となっているんです。 このスリットのような部分ですね。 中から、外を拝むためのものです。 牛久大仏内部への入り口はぐるっと裏に回って後ろからです。 中に入ると新興宗教感が満載です(失礼)。 中には 仏舎利の施設などもありますが、2階には牛久大仏完成までのパネル展示もされています。 牛久大仏は高層ビルを建築するのと同じ工法が使われているようですね。 詳しくはよく分かんないですが、なんかすごそう! 牛久大仏は自由の女神の3倍、奈良の大仏の8倍! 内部には写経ができる場所もありました。 一度やってみたいけど何か敷居が高くてできないんですよね。 85mの高さからの眺めもお届けしたかったんですが、写真撮り忘れてた(笑)大人しく外へ出ます。 牛久浄苑には小動物公園もあるよ! 牛久浄苑は公園墓地とうたっていることもあり、小動物公園もあるんです。 参考 簡単なショースペースもあり、この日は近所の園児でしょうか?が遠足に来ていました。 小動物公園にはモルモットやうさぎ、カピバラやりすなどがいて、結構楽しめます。 近所に住んでいたら、たまに遊びに来たいくらいには充実しています。 大香炉も影に隠れて日本一 影に隠れて目立ちませんが、大香炉も胴回りが2. 5mの青銅製で大きさ日本一です。 まとめ でっかいっていうのはそれだけでパワーが感じられますね。 本当にでかすぎてでかすぎて、何度も笑っちゃいました。 何でこんなに大きいのを作ろうと思ったんだろう(笑) 長野から茨城はなかなか遠いので頻繁には行けませんが、また行ってみたいですね。 面白い寺院でした。

次の

2020年 牛久大仏へ行く前に!見どころをチェック

牛久大仏 場所

2008年2月現在、エレベーターを出て料金所を通り展望台内に入ったら正面が北側窓となっています。 まず、北側窓から遠くを見て地平線に平べったい山・ 筑波山が見えるか見てみてください。 これが見えない日はちょっと無理な気がします。 筑波山が見えたら見える可能性が高いです。 まずは肉眼で探してみて、よ~く探してそれらしい突起物がなんとか確認できたら、展望台付属の大きな 双眼鏡(2台ある内の ねずみ色の方:白い方は窓からちょっと離れている為、もしかしたら窓枠がちょっと邪魔になるのかも)で見るのがいいと思います。 双眼鏡を使う時は 先に目標物に向けてからお金を入れることをオススメ。 探す時間が節約できます。 写真ではちょっと目印が分かりにくいと感じますが、実際はもっと大きく見えるので探し易いと思います。 大仏は大体、こんな位置関係にあります。 赤い矢印が 牛久の大仏が見える場所付近。 その背後に2つほど 緑の濃い地域があり、 後方が 旧古河邸 庭園。 さらに双眼鏡を上げて行くと川の手前に ビルがあり、そこから更に上げて行くと 地平線が見えてきます。 地平線が見えたらそれ以上は上げる必要はありません。 双眼鏡の横を指で軽く叩きながら 左方向へと微調整。 すると、陽炎(かげろう)の向こうに人の形をした陰がぼわ~っと出現してきます。 わかるかな?肉眼だとほんのちょっとした突起に見える程度の大きさ。 見えるか見えないかギリギリの突起物。 これだから、よほど条件が良くないと見れないのです。 サンシャイン60展望台から見えるものとしては、ビルの間から見える フジテレビや東京湾アクアラインの 風の塔よりも難易度の高い物体じゃないかな。 横浜ベイブリッジ・・・よりもどうなんだろう?見えにくいんじゃないかな。 双眼鏡で見るとゆらゆらと陽炎の向こうに見えます。 これ一つ考えてもやっぱり 寒い日の 風の強い、空気の 乾燥した日がいいのかなあと。 (完) Google map での測距によると、サンシャイン60から牛久の大仏までの直線距離は50キロちょっととのこと。 私の感覚としては意外に近いところでした。 なかなか便利な駐車場予約サイト• 更新日:2020-05-24.

次の

牛久大仏

牛久大仏 場所

中に入るとどんどん大仏が大きくなってきます。 途中には牛久大仏様の顔のミニチュアもあります。 全身です。 ギネスに登録されているようです。 牛久大仏様の前には公園が広がってます。 公園 公園に入って門を振り返ると、金色の神様がガラスの向こうにいます。 そして正面を向くと大仏様に通じる道が続いています。 時期によってはここに綺麗な花が咲くそうです。 ずんずん歩きます。 途中にはこのような池のようなものもあり花が咲いてます。 ちょうどアジサイが綺麗でした。 大きな池の方には鯉がわんさかいました。 こんな大量の鯉はなかなかお目にかかれないですね。 やっと足元まできました。 近くでみると、本当大きいです。 お寺からのメッセージありました。 正面ましたら撮りました。 いよいよ、中へに入ります。 牛久大仏の胎内に入る こちらが入り口になります。 中では色々な映像が流れています。 中は結構暗めです。 順路にそって進んでいきます。 光が独特です。 階段を上がると、ギャラリーがあって牛久大仏の建造風景などが紹介されています。 本当、ビルのようですね。 パーツパーツを組み上げて作っていったようです。 なるほど、こんな感じで建造したんですね。 夏には花火を上がるようです。 指先の実物大です。 これだけでも相当な大きさがありました。 いよいよ、このフロアーから専用エレベーターに乗って展望台に向かいます。 牛久大仏の展望台 正直展望台はまどが小さすぎて良く見えません。 大仏様の中なので仕方がない話ですが。 網も張られているので余計に見えません。 一応、4方向に窓があって外を眺めることができます。 大仏様の正面側の窓です。 細すぎて・・・・。 釈迦の聖地の説明パネルもありました。 展望台としてはあまり期待しないほうがいいです。 あくまで大仏様の胎内なので。 お土産コーナーです。 眺めを堪能したところで、下の階に戻ります。 ここは何だか分かります? 1つ1つの場所に仏様が飾られいます。 大きさは2種類あってこちらは小さいほうです。 右側の仏様が大きいタイプの仏様です。 お経を読む場所でしょうか。 先ほどの仏様を小さいのは30万、大きいのは100万で名前を付けて奉納して頂けるようです。 永代供養をして頂けるようです ショップもありました。 色々、売ってます。 そして写経コーナーもあり、思い存分写経を行うことができます。 こちらの部屋では定例法話も行われているようです。 結構広めの部屋です。 模型もありました。 以上で牛久大仏様の胎内は終わりです。 次はお隣にある小動物園に向かいます。 りすとうさぎの小動物園 大仏様のとなりにあるふれあい小動物園です。 上部に写っているのがいるのが、リスが通る道になってます。 おサルの曲芸ショー 小動物に入るとちょうどサルのステージをやってました。 公演時間は以下の通りです。 みんなが撮影が終わるまでいてくれました。 うさぎとモルモットに癒される~ 次にうさぎとモルモットとふれあいに行きます。 このようにうさぎは枠の中で放し飼いされています。 更に、モルモットはゲージの中にいます。 このモルモットのゲージの中には入れません。 なので柵からふれあうことになります。 モルモットとふれあう 柵に近よるとこのようにモルモットたちが近寄ってきます。 可愛いですよ。 ちなみにニンジンが100円で売っていて餌付けができます。 うさぎとふれあう 次にうさぎとたわむれます。 写真のように子供は手袋必須で貸出してます。 本当、人になついていてすぐ寄ってきます。 私の足元にも何匹も寄ってきます。 立ち上がって寄ってきます。 指を動かしてエアー餌槍をやってます(笑) 可愛い~(笑) 結構色々な模様のうさぎたちがいます。 餌をやってる娘に群がってます。 毛がふさふさで触り心地抜群です。 こんな感じ動物たちとのふれあいを満喫して牛久大仏をあとにします。 あみプレミアム・アウトレット 牛久大仏から5分くらいであみプレミアム・アウトレットに到着します。 本当近いです。 御殿場のアウトレットなどと比べてしまうとかなり小さいですが、まぁついでによるなら十分です。 買い物する前に食事をしまーす。 アウトレットで昼食 中央のフードコートになる三田屋本店のハンバーグを頂きます。 これが980円のセットです。 アツアツの鉄板から煙がでまくりです。 タレをつけて頂きます。 アツアツで美味しいです! この後、買い物をして帰途につきました。 牛久大仏&あみプレミアム・アウトレットのまとめ いかがでしたでしょうか? 牛久大仏の巨大さに圧倒され、動物たちの可愛さに癒され、買い物して気分よくなれ良いお出掛けになりました。 アウトレットでの購入物は別な機会にご紹介するとして、牛久大仏とアウトレットのセットは、さくっと一日出掛けるにはちょうど良いところだと思いますので、是非皆さんもお出かけください! カテゴリー• 139•

次の