キンシバイ 挿し木。 キンシバイとは

キンシバイとヒペリカム・ヒデコートの見分け方

キンシバイ 挿し木

深い緑色の葉の中に黄色い花を咲かせ、梅雨を彩るキンシバイ。 枝は枝垂れており、うつむくように花を咲かせます。 中国が原産のオトギリソウ科・オトギリソウ属の半常緑低木です。 まずは キンシバイの育て方からお伝えします! キンシバイの剪定時期と剪定方法は? キンシバイの剪定は3月に行いましょう。 花がつかなくなった枝や枯れた枝を基部分から切りましょう。 さらに大きく育てたい場合には形を整える程度に浅く切り、小さくまとめたい場合、地の際から30cmほどの高さで切るとよいでしょう。 次は、 キンシバイの植え付けについてお伝えします! キンシバイの植え付けのポイントは? キンシバイの植え付けは3~4月と9~10月に行いましょう。 鉢に植える場合、植え付ける苗よりも1~2回りほど大きい鉢を準備することをオススメします。 地に植える場合、日当たり、水はけのよい場所に植えましょう。 苗を植え付けた後に水を与えたら棒などでつつき、土と根をなじませます。 次は、 キンシバイの植え替えについてお伝えします! キンシバイの植え替え時期とポイントは? キンシバイの植え替えは3~4月、もしくは、9~10月に行いましょう。 根鉢よりも1回りほど大きい穴を掘り、底部分に腐葉土を混合したものを入れた後に植え付けましょう。 その後、根鉢まわりに水を注いだら 棒などでつつき、根と土をなじませます。 次は、 キンシバイの増やし方についてお伝えします! キンシバイの増やし方は? キンシバイを増やす方法には・・・ 挿し木や株分けなどがあります! 株分けの場合、3~4月、もしくは、9~10月に植え替えと同時に行うとよいでしょう。 土から株を掘り上げ、適当な大きさに分けてから、育てたい場所へと植え付ければ完了です。 では、挿し木は一体どうやればいいのでしょうか? 詳しくは次で紹介したいと思います。 次は、そんな キンシバイの挿し木についてお伝えします! キンシバイの挿し木のやり方は? キンシバイの挿し木は5月~6月に行いましょう。 枝を10cmほどの長さで切り、挿し木用の土に挿しましょう。 このとき、葉は先端部分に5枚ほど残し、他の葉や蕾は切ってしまいましょう。 キンシバイに似た花は何がある? キンシバイに似た花には、ビョウヤナギがあります。 判別するときには、 雄しべをチェックしましょう。 ビヨウヤナギはキンシバイに比べて、雄しべが長いです。 また、雄しべの数が非常に多いです。 次は、 キンシバイの花言葉についてお伝えします! キンシバイの花言葉はなに? キンシバイの花言葉には「きらめき」「太陽の輝き」などがあります。 それらは、花が太陽のように輝いて見えることからつけられたといわれています。 次は、 キンシバイの種類や品種についてお伝えします! キンシバイの種類や品種は何がある? キンシバイはオトギリソウ属ですが、 日本が原産の種類は20種ほど確認されています。 オススメ記事 キンシバイのまとめ! いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは10つありました。 土は、水はけ、保水性がよく、腐植質のものが適しています。 肥料は、3月と9~10月に緩効性化成肥料を与えましょう。 水は、庭植えの場合はほとんど必要ありません。 鉢植えの場合は土が乾燥していたらたっぷりと与えましょう。 花がつかなくなった枝や枯れた枝を基部分から切りましょう。 鉢に植える場合、植え付ける苗よりも1~2回りほど大きい鉢を準備することをオススメします。 地に植える場合、日当たり、水はけのよい場所に植えましょう。 枝を10cmほどの長さで切り、挿し木用の土に挿しましょう。 それでは今回はこれで失礼します。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

ヒペリカムの育て方!挿し木や種まき、苗植えの時期と方法は?

キンシバイ 挿し木

学名…Hypericum 別名…キンシバイ 金糸梅 、ビョウヤナギ 未央柳 科名…オトギリソウ科 属名…オトギリソウ属 原産国…中央アジア~地中海沿岸 花色…黄色 樹高…20㎝~100㎝ 日照…日なた~半日蔭 難易度… USDA Hardiness Zone:5 to 8 ヒペリカムとは ヒペリカムは、世界に広く約490種が分布するオトギリソウ科オトギリソウ属の植物です。 分布の中心はユーラシア大陸の温帯~亜熱帯地域ですが、熱帯低地や砂漠、極地を除けばほぼ世界中に野生種が分布する巨大な植物群です。 一年草から多年草、低木まで、その形態は多岐に渡りますが、観賞用として栽培されるのは美しい花を咲かせる低木です。 ヒペリカム属の植物の中で園芸植物として古くから栽培されているのは、中国原産のキンシバイやビョウヤナギです。 近年ではそれらに加え、海外から導入された新しい品種が栽培されるようになり、これらを総して「ヒペリカム」と呼んでいます。 ヒペリカムの花期は6月~7月。 花期になると、伸びた枝先に、鮮やかな黄色の花を咲かせます。 花は径3~7㎝程度で5枚の花弁を持ち、多数ある雄しべが特徴的です。 花は花期の間次々と開花し、花後には赤く愛らしい果実を実らせる品種もあります。 樹高は大きく育っても1m程度で、大型の宿根草のように扱うことが可能です。 耐寒性、耐暑性共に優れており、病害虫の心配もほとんど無く育てやすい花木です。 ヒペリカムの主な品種 ビョウヤナギ Hypericum monogynum 中国原産の半常緑性の低木で、日本には江戸時代に渡来しています。 花は径5㎝前後で、雄しべは基部で5つの束となっています。 それぞれの束には30個前後の雄しべがあり、花弁より長く目立ちます。 葉は長楕円形~披針形で、十字対生します。 キンシバイ Hypericum patulum 中国原産の半常緑性の低木で、日本には江戸時代に渡来しています。 花は径3~4㎝程度のカップ形でうつむき加減に咲き、多数の雄しべは基部で5つの束になっています。 それぞれの束には60個前後の雄しべがあり、花弁の半分程度の長さです。 葉は楕円形~長楕円形で、対生します。 キンシバイによく似ていますが、花が大きく開き、花径は5㎝~6㎝と大輪です。 花期が長く生育旺盛なため、近年ではキンシバイに代わって広く栽培されています。 強剪定可能です。 葉は対生ではなく、ほぼ十字対生となっています。 世界で広く栽培されており、アメリカやオーストラリアなど多くの地域で帰化植物として定着しています。 「西洋キンシバイ」の和名を持ち、ヒメキンシバイと呼ばれることもあります。 花は径5~10㎝程度で、多数の雄しべは基部で5つの束になっています。 それぞれの束には100個前後の雄しべがあり、花弁より長く目立ちます。 雄しべは真っすぐ伸び、葯はやや赤みを帯びています。 ビョウヤナギによく似ていますが、ビョウヤナギの雄しべはフワッとカールしています。 葉は楕円形~卵形で、対生します。 ある程度の耐陰性もあるためグランドカバーとしてよく利用されています。 黄金葉品種の「ゴールデンフォーム」も流通しています。 こちらは花ではなく葉を楽しむリーフプランツです。 斑は強い日差しや低温で赤く色付きます。 樹高30㎝程度の矮性で、グランドカバーとしても利用されます。 ヒペリカム・アンドロサエマム Hypericum androsaemum 地中海地域に分布する半落葉性低木で、花後に実る果実は熟すと赤くなります。 花は径1. 5~3㎝程度で、雄しべは花弁と同程度の長さです。 樹高1m程度に成長します。 ヒペリカム・キャンディフレア アンドロサエマムの園芸品種で、花後に愛らしい果実を実らせます。 果実の色は赤、ピンク、クリーム色など。 夏の強い日差しで葉焼けを起こすことがあります。 ヒペリカムの育て方 栽培環境 水はけの良い、日なたから半日蔭の場所が適しています。 日陰でも育ちますが、徒長して花付きが悪くなります。 枝が横に張り生育旺盛なので、アンドロイドサエマム以外は通常庭植えで育てます。 アンドロイドサエマムは夏の直射日光で葉焼けを起こすことがあるので、夏は強い日差しを避けられる場所が適しています。 夏以外の季節はよく日に当てることで実付きがよくなります。 カリキナム、アンドロサエマムは風通しが悪い環境ではさび病を発病しやすい品種です。 風通しの良い場所で育てて下さい。 冬越し、夏越し 冬越し 暖地では常緑で冬越しすることが多いです。 耐寒性はあるので、対策無しでそのまま冬越し可能です。 夏越し アンドロサエマムは夏の強い日差しで葉焼けを起こします。 鉢植えの場合は、夏場は半日陰の場所に移動して下さい。 水やり 庭植えの場合は、ほぼ降雨のみで大丈夫です。 夏場に長く乾燥が続くようなら水やりをして下さい。 鉢植えの場合は、用土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをします。 肥料 庭植えの場合は、春と秋に緩効性化成肥料を置き肥して下さい。 鉢植えの場合は、春から秋の生育期に、少量の緩効性化成肥料や液体肥料を定期的に施します。 植え付け、植え替え 適期は3月~4月、10月です。 植え付け 庭植えの場合は、用土に腐葉土を混ぜ込んで水はけの良い環境を作ります。 さらに元肥として、少量の完熟堆肥を混ぜておきます。 鉢植えの場合は、赤玉土 小粒 6・腐葉土3・ピートモス 酸度調整済 1などの配合土を使います。 植え替え 鉢植えの場合は、1年~2年に一度の植え替えを行います。 剪定 適期は3月頃です。 カリキシナム、トリカラー 小型品種のため、剪定の必要はありません。 枯れた枝があれば取り除いて下さい。 アンドロイドサエマム あまり強く刈り込むと枝枯れをする場合があるので注意して下さい。 その他の品種 コンパクトに育てたい場合は、株元から20~30㎝程度の高さで刈り込んで下さい。 萌芽力が高いので、思い切った剪定をしてもすぐに芽吹きます。 増やし方 株分け、挿し木 株分けと挿し木で増やすことが出来ます。 株分け 適期は3月~4月、10月です。 株を堀り上げて、適当な大きさに株分けをして植え付けて下さい。 挿し木 適期は開花前の5月~6月です。 枝を10cmほの長さに切り取って挿し穂にします。 先端の葉を2~3組残して葉を落とし、蕾がついていれば落とします。 30分ほど水揚げをし、挿し木用土に挿して下さい。 水を切らさないように明るい日陰で管理して、発根を待ちます。 病気、害虫 さび病 カリキナムやアンドロイドサエマムはさび病が発生することがあります。 気温が下がる10月頃の発生が多く、発病すると葉に茶色の斑点ができ、枯死することもあります。 風通しの良い場所で発生を抑制し、夏以降に殺菌剤を使用すると予防に効果的です。

次の

キンシバイ|育て方|花の写真|365花撰|栽培実践集

キンシバイ 挿し木

この属の中では並んでよく植えられています。 名前の由来は、雄しべが金の糸のように見えるところから金糸梅と名付けられたようです。 【栽培メモ】 耐寒性、耐暑性があり、目立った病害虫もありませんので、とても育てやすい花木です。 ただし、年数がたつにつれ、だんだんと株が横に広がってきましたので、定期的に強剪定をしています。 剪定作業は、全体を半円状に切り詰めるだけですので簡単です。 【キンシバイの概要】 樹高 1〜1.2mほどの半落葉低木で、株立ち状になり半円形の樹形をつくります。 耐寒性・耐暑性 耐寒性 強い 耐暑性 強い 耐寒性は強く、温暖化した最近では、香南市でもあまり葉を落としません。 全国的には、東北地方の南部ぐらいまで植栽可能といわれています。 強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。 判断基準は、 栽培難易度 やさしい やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分 学名 Hypericum patulum 学名の説明 Hypericum・・・・・ギリシャ語の hyper(上)+ eikon(像)が語源です。 patulum・・・・・「わずかに開いた」 【主な種類と品種】 キンシバイの在来種の他に、次の品種があります。 細葉キンシバイ 葉が細く、花も小ぶりです。 植え付け 植えつけは、4〜5月又は9月下旬〜10月が適期です。 株がだんだんと大きくなりますので、鉢植えには適していません。 花壇に植える場合は、苗木の大きさにもよりますが、通常は根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、掘り出した庭土に3〜4割程度の腐葉土(バーク堆肥)を入れて庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。 植え場所 日当たり、水はけのよいところに植えつけます。 日当たりが悪いと花付きがよくありません。 剪定 キンシバイは、自然に樹形を整え半円状になっていきますので、ある程度の大きさになるまでは、伸びすぎた枝を切りつめる程度でかまいません。 大きくなりすぎたら強剪定をしますが、相当思い切って剪定しても芽吹きがよいので心配はいりません。 春に伸びた枝に花芽が付きますので、時期は、冬場に行います。 いったん鉢にとって育て、定植は翌春にした方が活着がよいようです。 生育がよければ、植え付け後、3年目には花が咲きます。 肥料 あまり必要としませんが、やせ地の場合、早春に、油カスや化成肥料を施してやります。 病気・害虫 特にありません。 このページのトップに戻ります。 一覧に戻ります。

次の